忍者ブログ
読んだり描いたり買いに行ったり
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
★上段3サイトで作品公開中★
イベント情報
5/5
  コミティア104
参加申込済
メールフォーム
最新記事
(09/02)
(03/09)
(03/03)
(02/24)
(02/17)
プロフィール
HN:
十子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明けましておめでとうございます
と言っても、正月休みに任せてここでは通常営業でござい。


「北上せよ!」全体の話

元々読切で作ってた物語で
その作品のテーマは
「差別される者が自分の長所を活かして
世の中をしたたかに生きてゆく」
というものでした。

時間がたち、再度描くにあたり調べ直したら
先にその番外編になる「天は蒼蒼」が出来あがってしまい
そちらに同じテーマを植え付けてしまったので
別のテーマにすべく、再構築したのが
今回連載として描いた「北上せよ!」です

テーマ変えに当り、新しく加えたのが
源氏の郎党です
これだけでもテーマは生きると思いましたが
外堀から牛若丸を追いつめるという要素で
お寺の襲撃は必要だったため、先の設定はそのまま活かしました
(サドっぽいなぁ、こういう言い方すると(汗))

で、まぁ新しく決めたテーマは「選択」

その為牛若丸は、使命感に燃える源氏の御曹司ではなく
閉じられた世界で一方的に価値観を押し付けられることに戸惑う
普通の少年を意識してます。
結局歴史的には、牛若丸は源義経になり
源氏再興の為生きる事になるんですが
それが「盲目的に選んだ道」ではなく
「考えた末に選んだ道」であってほしいなぁと言う気持ちです。

拍手

PR

思いつく第五話完結コネタ
 

・弓道
小さいながらも気を使ったのは
3頁目の矢を射るシーンでした
春先、短期の弓道教室に通った時
弓手(左手:弓を持つ手)は矢を
発射すると同時に外側へそらさねば
弦が当って痛い目に合うというのを、身をもって体験し
それが生きたコマでもあるのです‥‥(T_T)

・橘次郎末春
吉次の武士名は、他にも「三条吉次信高」という説があります
どっちかというと、こちらの方が有名なのかな
吉次自体、伝説上の人物という色が強いので
俗説民話なんでもありなのですが。
(なのであの過去設定は創作です、はい)
橘姓にしたのは、随分昔の事で
たまたま読んだ本に載ってたぐらいのきっかけだったと思います
あとあと調べてみたら、「三条」だと出自が京の人
「橘」だと奥州の人になるようです。
因みに、橘次郎⇒橘次(きつじ)⇒吉次(きちじ)という変化です

拍手

ぎりぎり30日(もう少しで31日だ)で
完結させる事ができました

freenoteさんとマンガごっちゃさんへも送りましたが
多分年末年始休業に入られてそうなので
そちらの公開は、年明けになると思います。

なんにせよ、今年始めた連載を、今年中に終わらせられたので
凄くすっきりしました。
さして派手な展開はないんですけど
来年、何かを始めようとか大きな決断をしようとか考えてる方への
エール代わりで仕上げてました。

完結記念コネタは、また後程。

読んで頂いた方、有難うございました

拍手

友人から本日小荷物が届き
開けてみると、春先にぶしつけながら
「作ってー」とお願いしていた
ハンドバックが!
(裁縫を趣味でやっておられる方です)

すげぇ
これ、雑貨屋で売ってるだろというレベルだよ

裁縫が全く駄目な私からすると神なのよね、もう

よし、正月休みはこれ持って
近所をぶらぶら散歩しよう。

拍手

行けるか行けるかと思いましたが
やっぱり今年完結は無理そうです
いつもは、CG処理って一番手軽に出来る作業なんですが
今回は台詞が多いのと、場面が夜に近いため
画面黒くしなきゃいけないのとで時間かかりそうでして
あと、12月は用事が多くてねぇ‥‥

クリスマスは、兄の引っ越し第二弾の手伝いでした
脚立の上ですごしたジングルベル。
最後にジョジョの総集編を貰って帰りました

どうしよう続きが気にな‥‥(汗)

拍手


Copyright © アズマヤの日々 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]